容易な操作と高い精度で照明光学系を評価する
照明Simulator
照明Simulator 照明Simulator

特長

画面構成と操作概要
推奨ご使用環境
利用例
購入について
セミナー・展示会情報
セミナー・展示会情報

光学関連サービス
照明光学系・結像光学系問わず、光学コンサルティング、光学設計、評価など、各種サービスをお届けします。
お問合せはこちらからお問合せフォーム

CADデータのインポートと
ノンシーケンシャル追跡を特長とする
照明Simulator CAD

top

機能一覧

照明Simulator Ver.1.3.0 基本機能 (2011年8月24日現在)
※赤字は2011年8月10日のバージョンアップ項目となります
ファイル管理
  • 追跡前提データをセットとして保存・読込
  • 追跡前提データの光源、光学系、評価毎の個別保存・読込
  • 硝子データの全体・個別、保存・読込
  • 各評価結果データ(リスト、マップ、生データ)の保存・読込
光源種類 種 類
  • 矩形平面(完全拡散、Isotropic、平行光、レーザーダイオード光源、※任意強度分布、1度単位角度指定、任意面積分布指定)※鉛直方向0〜180度
  • 円形平面(完全拡散、Isotropic、平行光、レーザーダイオード光源、※任意強度分布、1度単位角度指定、任意面積分布指定)※鉛直方向0〜180度
  • 球体(体積を持ったIsotropic、面から発生するIsotropic
  • 円柱(体積を持ったIsotropic、面から発生するIsotropic
  • 四角柱(体積を持ったIsotropic、面から発生するIsotropic
組合せ
  • 任意の光源の組み合わせが可能(512個以下を推奨)
  • 同一光源の複数ワンタッチ自動配列機能
  • 光源のCSVデータ読込による配列機能
エネルギー
  • 光源単位で指定。放射束(Watt)、又は光束(lm)で設定
光源波長
  • 380nm〜780nmを推奨(100nm〜2000nm指定可。ただし硝子の特性から選択する)
  • 2分割以上の任意分割、任意ウエイト指定
  • CSVファイルによる任意波長、任意ウエイトの保存・読込
光学系 光軸設定
  • マルチ光軸機能(任意数設定が可能 512本以下を推奨)
  • 配置位置(X、Y、Z)及び回転(α、β、γ)の指定可
面タイプ1
  • 球面、非球面(偶数項のみ)、シリンドリカル面、フライアイレンズ
    いずれも透過面または鏡面反射面の指定が可能
面タイプ2
  • ファセット面、円錐面、押し出し面 いずれも鏡面反射面の指定が可能
硝 子
  • HOYA、OHARA、SHOTT、SUMITA、プラスティックの公開データ(随時Webより更新予定)
    プライベート硝子を追加可能
  • 分散は分散式、セルマイヤ-、ハルトマンで指定可能
拡散効果
  • 仮想面を含めた、球面、非球面、シリンドリカル面の全てに指定が可能
  • 拡散の効果は(1)完全拡散面 (2)ガウス分布型拡散 (3)完全拡散とガウス分布型拡散の比率の指定を、面毎に指定可
  • 水平方向と垂直方向での異なったガウス分布型拡散の指定を、面毎に指定可
  • 全ての面タイプは、透過面または鏡面反射面の指定が可能
反 射
  • 鏡面反射面の指定をした全ての面タイプは、複数回反射の設定が可能
  • 鏡面反射面の指定をした全ての面タイプは、反射率(%)並びに拡散効果の発生頻度(%)の設定が可能
偏 芯
  • ベーシック、ディセンタ&リターン、ベント、リバース・ディセンタ
開口形状
(アパーチャー)
  • 円形、矩形、ドーナツ型の有効範囲指定可能
テスト追跡機能
  • モンテカルロ、任意の2点、光源中心を通る主要光線
自動配列
  • 光軸のCSVデータ読込による配列機能
  • フライアイレンズワンタッチ自動配列機能
  • 反転機能、係数倍機能
  • 任意面間の折り返し系自動レンズデータ生成機能(主にゴーストチェック時に使用)
評 価 評価面調整
  • 傾き、偏芯
評価面の大きさ
  • 任意
評価面の分割数
  • 任意
発生光線本数
  • 任意(最大100億本)
評 価
  • 放射量:放射照度(Watt/m2)、放射輝度(Watt/sr/m2)、放射強度(Watt/sr)
  • 測光量:照度(lx = lm/m2)、輝度(lm/sr/m2)、光度(cd = lm/sr)
  • 各評価値は、ピーク値、最小値、平均値を表示
スムーシング
  • 任意回数指定可能/解除
結果の重ね合わせ
  • 放射照度(照度)の重ね合わせが可能
    (ただし、評価面の大きさ、分割数が同一が前提)
エクスポート
  • 分布マップをビットマップとして保存可能
  • セル毎の数値生データをCSVファイルとして保存可能
  • 分光感度を評価面に設定し、色の分布マップをビットマップとして保存可能
    (ただし、放射照度のみ)

今後のバージョンアップで予定している主な追加機能

光 源
  • 実測データのインポート
光学系
  • トロイダル面、フレネルレンズ面 追加
  • 分光反射率/分光透過率指定
  • CADデータの面形状インポート
  • 主要光学ソフトのレンズデータのインポート
評 価
  • 評価面分割数と光線本数による精度指標表示
照明Simulator