容易な操作と高い精度、そしてCADデータのインポート対応!
照明Simulator
照明Simulator CAD

光学関連サービス
照明光学系・結像光学系問わず、光学コンサルティング、光学設計、評価など、各種サービスをお届けします。
お問合せはこちらからお問合せフォーム

シーケンシャル追跡を特長とする
照明Simulator

top
画面構成と操作概要
光源と評価面の設定
完全拡散光源と評価面を設定し、照度シミュレーションを実行するまでの基本的なオペレーションを記録しています。
動画(2013.10.10)

インポートしたCADモデルを利用したシミュレーション
導光板のCADモデルをIGES形式でインポートし、特定面の光学特性を変更しながら照度シミュレーションを実行するまでのオペレーションを記録しています。
動画(2013.10.10)


画面構成が一新され、操作がさらに分かりやすく
日本語やアイコンを多用し、親しみやすい操作性を実現しております。
マウススクロールとメニュバーが連動。設定項目などをビジュアルイメージとして表示されます。
画面構成

設 定
設定画面
基本オブジェクト(物体)メニューより選択します。
平面や3次元立体形状、そしてレンズ部品など基本的な構造体をデフォルトで用意しております。
必要なパラメータを設定 オブジェクトを選択後、オブジェクトに対して、「光源」「材質」あるいは「評価」などのメニューを使用し、必要なパラメータを設定します。
選択したオブジェクトに対応して項目がハイライトで表示されます 選択したオブジェクトに対応し、設定可能な項目がハイライトで自動的に表示されますので、迷わずスムースに作業が可能です。
全体の構造は「モデル階層」に階層的に自動表示されます 全体の構造は「モデル階層」に階層的に自動表示されます。
グループや構成要素の追加や移動も可能です。
メニューバーより指定した各設定項目は逐次プロパティエリアに追加されます。
数値入力やプルダウンメニュからの選択、またはCSVデータの読込みなどにより、パラメータを設定します。

同じ階層内に配置した物体の材質は一括で操作することもでき、硝子や表面特性の指定や変更が容易です。
同一面に光源指定、拡散・透過指定、評価面指定など複数の機能設定ができます。

追跡テスト
追跡テスト画面サンプル
追跡テストは光線本数を自由に指定できるモンテカルロ方式など複数用意。
追跡結果の光線は反射回数により色が変わることで判別が可能です。

オブジェクトの非表示や、全体+6方向の表示がクリックで切り替わるため、経路確認が容易です。

追跡テスト画面サンプル2

評 価
放射照度(照度)、放射輝度(輝度)放射強度(光度)結果が2Dマップで表示。
評価結果は別ウインドで表示され、見やすくなっております。

評価面は複数配置が可能なため、1回の評価で、距離に応じた照度分布などを見る時には便利です。
評価結果はカラー表示の2Dマップの他、グレースケールや等高線でも表示できます。

評価画面サンプル(2Dマップ) 評価画面サンプル(グレースケール)評価画面サンプル(等高線)