HOME > 照明・光学シミュレーションラボ > 照明Simulator CAD > 機能一覧 > モデルファイルのシミュレーションバッチ処理
容易な操作と高い精度、そしてCADデータのインポート対応!
照明Simulator
照明Simulator CAD

光学関連サービス
照明光学系・結像光学系問わず、光学コンサルティング、光学設計、評価など、各種サービスをお届けします。
お問合せはこちらからお問合せフォーム

シーケンシャル追跡を特長とする
照明Simulator

top
APIモジュールを使用したモデルファイルのシミュレーションバッチ処理(新機能)のご紹介

「照明Simulator CAD」でモデル化したファイルを、APIモジュールを使用し、シミュレーションを自動実行するアプリケーションプログラムをご提供します。


シミュレーションの自動実行のフロー

1. 事前準備

  • 読込先フォルダを用意し、モデルファイル(.sscad)を準備します。
    モデルファイルを準備

  • .sscadファイルの命名規則は(ソート対象)_(名前)になります。
    ソート対象と名前の間がアンダーバーで区切られていることが条件です(重要)
    事前準備2

  • (ソート対象)の箇所を拾いソートを掛けてから、ソート結果の順番に従ってシミュレーションが実行されます。
    事前準備3

  • 出力先(保存箇所)は読み箇所と同じフォルダになります。

2. アプリケーションプログラムを起動

「その他」メニュから「API実行」をクリックします。
「API実行」をクリック
2ファイルの種類はdllになります。「SSCADAutoBright.dll」を選択します。
「SSCADAutoBright.dll」を選択
3計算モードと読込み先フォルダを指定するウインドウが表示されます。

3. 画面の入力

計算モードを指定します。
「フォルダを指定して実行」をクリックします。
「フォルダを指定して実行」をクリック

4. 自動計算の実行と結果の保存

事前に用意した読込先フォルダを選択し、「OK」をクリックします。
読込先フォルダを選択
ソート結果に従い計算がスタートします。
シミュレーション結果は(ソート対象)+拡張子(照度計算の場合は.sscill)で保存されます。
保存後、順次、ファイルの読込み→結果の保存が自動的に実行されます。
ソート結果に従い計算がスタート
フォルダ内のすべてのモデルファイルの計算が終了すると、テキストウインドウがアクティブの状態になります。
計算が終了すると、テキストウインドウがアクティブの状態に
照明Simulator CAD