容易な操作と高い精度、そしてCADデータのインポート対応!
照明Simulator
照明Simulator CAD

光学関連サービス
照明光学系・結像光学系問わず、光学コンサルティング、光学設計、評価など、各種サービスをお届けします。
お問合せはこちらからお問合せフォーム

シーケンシャル追跡を特長とする
照明Simulator

top
APIモジュールを使用したxy色度図出力(新機能)のご紹介

「照明Simulator CAD」でモデル化した光源を、APIモジュールを使用し、10°視野に基づく色度図に出力するアプリケーションプログラムをご提供します。



色度図出力までのフロー

1. 事前準備

  • 色度図を出力するモデルファイル(.sscad)を開きます。
  • 評価のタブの「放射束」にチェックを入れます。(重要)
  • 「入射光保存」を「True」に変更し、「Generic AsciiFormat_Spectral」形式を選択し、 出力先を指定します。
  • モデルファイルを保存し、「照明Simulator CAD」のプログラムを終了します。

2. アプリケーションプログラム「ColorDiagram.exe」を起動

ColorDiagram.exe

3. 編集画面の入力


「照明Simulator CAD」実行ファイルの指定

通信プログラムの指定

「照明Simulator CAD」モデルファイルの指定

Rayファイルの指定(表示色の編集)

色軌跡データファイルの指定

設定条件の保存と読込

色度座標計算の実行


4.色度図計算

  • 「照明Simulator CAD」のプログラムが起動し、指定したファイルの計算を実行します。
  • 計算終了後、色度図が表示されます。
    色度図
  • また、指定した出力先にはテキスト形式のRayデータ(テキスト)と分光分布データ(CSV)の2種類のファイルが出力されます。


5. 色度図の保存と読込み

  • 「保存」ボタンをクリックし、結果を設定ファイルとして保存します。
  • 結果の閲覧は「開く」ボタンをクリックして保存した設定ファイルを読み込みます。
照明Simulator CAD